【テクノロジー】「ゴム」のように柔軟な新コンクリートが開発される 耐久力は9倍![11/04]

科学技術

1: 以下、ひとちゃんからお送りします 2019/11/07(木) 11:23:10.05 ID:CAP_USER

2019/11/04
https://nazology.net/archives/47373
https://i1.wp.com/nazology.net/wp-content/uploads/2a33d27b07e0a95c378fbd441f08bdbc.jpeg

Point
■ロシアの極東連邦大学により、通常の6~9倍の耐久力を持つ新種のコンクリートが開発される
■原料となるセメントの材料と変えることで、ゴムのように柔軟な耐久力を実現

自然災害や軍事・民間防衛を考慮した建物は、普通以上にタフさが求められます。

そのアイディアから、ロシア・ウラジオストクにある極東連邦大学が一般のコンクリートの耐久性をはるかにしのぐ「ラバー・コンクリート」を開発しました。

原料となるセメントの成分を変えることで、ゴムのような柔軟さを実現。耐久力は従来の6~9倍に及ぶといいます。

研究の詳細は、10月4日付けで「Applied Research」に掲載されました。
Composite Binders for Concretes with Improved Impact Endurance
https://link.springer.com/article/10.1134%2FS207511331905006X

ゴムのように柔軟でタフ

今回のニュータイプのコンクリートは、製造工程が大きく異なります。

一般のコンクリートは、原料となるセメントに水や砂、砂利石などを混ぜて作られます。セメントの主原料は石灰岩や粘土となっており、それ単体では使用されません。水と反応させることで、砂や砂利石を密着させるのです。

対して、新たなコンクリートは、セメントの40%をもみ殻の灰や粉砕した珪砂に変えました。

すると出来上がったコンクリートの厚板は、ゴムのような耐久性の高い柔軟さを実現。そのため、強い衝撃を受けても、エネルギーを吸収し、押し返すことで割れにくくなっています。

また、コンクリート自体に自己密閉の性質があるため、別途でセルフシーリングをする必要がありません。

セルフシーリングとは、コンクリート同士の継ぎ目に見られるゴム部分を指し、中空のシール材を目地に注いで、接着性や止水性を高める技法です。

さらに新種のコンクリートは不要品として廃棄される大量のもみ殻などを使うので、セメントを使用するよりずっと安く大量生産できます。

耐久性に優れ、安価に生産もできるという点で、ラバー・コンクリートは建築界の革命児となるかもしれません。

研究主任のRoman Fediuk氏は「コンクリートは、最初のひび割れが起こるまでの時間をどれだけ長くできるかが重要」と言います。というのも、コンクリートは、一度ひび割れができてしまうと、それが徐々に広がり、崩れるのは時間の問題となるからです。

続けて、「今日、全世界がミサイルや飛行機の墜落など、テロ対策を念頭に置いた施設の建造に取り組んでいます。私たちはこの問題に独自の角度から取り組み、衝撃に強いコンクリートの開発に成功しました。次のステップとしては、放射線に強いコンクリートの開発を考えています」と話しました。

地震や台風など、自然災害の多発する日本でも大きな助けとなるかもしれません。

6: 以下、ひとちゃんからお送りします 2019/11/07(木) 11:30:05.48 ID:9Z+YwV7y

世界一の実績のあるローマンコンクリート復活でいいだろ

環境がよければ数千年もつんだから

 

22: 以下、ひとちゃんからお送りします 2019/11/07(木) 12:11:42.88 ID:tOIhm/IL
>>6
そんな金にならない事
とんでもないww

 

7: 以下、ひとちゃんからお送りします 2019/11/07(木) 11:32:55.51 ID:ags7lGHH

数千年の寿命を持つ「ローマン・コンクリート」は再現できないのかな?
古代ローマ時代の神殿などに使われているやつ。
海水にさらされると、劣化するどころか、どんどん強度を増す、謎のコンクリート。

津波対策の防潮堤なんかに最適なんだけど。

 

16: 以下、ひとちゃんからお送りします 2019/11/07(木) 11:57:43.96 ID:U0dEEYcy
>>7
微細な亀裂を自己修復するバクテリアを練り込んだコンクリートとかは研究されているのはテレビでやってたね
確か亀裂から侵入した酸素や水で休眠中のバクテリアが活性化してバクテリアの精製物が亀裂を塞ぐとかだったはず

 

21: 以下、ひとちゃんからお送りします 2019/11/07(木) 12:09:25.42 ID:gtoal+zm
>>7
火山灰とか必要とするので高価になるから広まってない
ただ再現ができるようになってきたので重要なところに使う研究は進んでる

 

8: 以下、ひとちゃんからお送りします 2019/11/07(木) 11:34:00.56 ID:rzQvYPvP
柔よく剛を制す

 

10: 以下、ひとちゃんからお送りします 2019/11/07(木) 11:36:12.87 ID:Mpr0A2gc
タワマンこれで作ってくれ
地震で揺れるところ見たい

 

12: 以下、ひとちゃんからお送りします 2019/11/07(木) 11:38:49.42 ID:SQzEj6eh
良さげだけど鉄筋と相性悪くならないのかな

 

27: 以下、ひとちゃんからお送りします 2019/11/07(木) 12:15:50.51 ID:4IZ3KKOC
>>12のいう通り鉄筋との相性だろ
合わなければただのゴミ

 

24: 以下、ひとちゃんからお送りします 2019/11/07(木) 12:13:10.05 ID:5SxfWJ0b

選べ

・ゴムのようなコンクリート
・コンクリートのようなゴム

 

29: 以下、ひとちゃんからお送りします 2019/11/07(木) 12:34:15.71 ID:4U3uRRD5
普通のコンクリートでも職人が難し過ぎてよく解らん
って言ってた、過去建造物からも奥が深い化合物だな

 

38: 以下、ひとちゃんからお送りします 2019/11/07(木) 13:36:11.18 ID:WmTA4keQ
エージングテスト;
20年以上経過すると一気に脆くなる?

 

39: 以下、ひとちゃんからお送りします 2019/11/07(木) 13:36:31.79 ID:Lg8oDy/q
ゴムと同じように紫外線+水で加水分解しないだろうな・・・。

 

45: 以下、ひとちゃんからお送りします 2019/11/07(木) 14:14:46.75 ID:qcX0YVA6
衝撃には強くなるけど、耐荷重は下がりそう

 

48: 以下、ひとちゃんからお送りします 2019/11/07(木) 14:22:13.27 ID:Ovskas9Y
サイヤ人のスーツ素材かよ

 

52: 以下、ひとちゃんからお送りします 2019/11/07(木) 15:16:20.56 ID:7gTgkkVT
珪砂と灰を混ぜるだけならそれこそ1000年前からでも出来たはず。
近年になってからもセメント屋は何をやっていたの、そんなにも無能なの?
仮に無能でないとすればこの方法にはどこか欠陥があることになる。

 

56: 以下、ひとちゃんからお送りします 2019/11/07(木) 15:33:11.06 ID:VQ3dZN2Y
道に使ったら静かになる?

 

62: 以下、ひとちゃんからお送りします 2019/11/07(木) 16:04:25.07 ID:RIzeHuog
>>56
砂浜ランニングみたいなもので、抵抗が大きく、歩けば疲れるわ車の燃費は悪くなるわで散々。
でも転んでも怪我は少なくなりそうだな。

 

58: 以下、ひとちゃんからお送りします 2019/11/07(木) 15:39:47.60 ID:64DQLoDE
9倍かぁ
シャーですら3倍なのに

 

70: 以下、ひとちゃんからお送りします 2019/11/07(木) 17:41:49.35 ID:p5J56gf2
エキスパンション的な使われ方するのかね

 

85: 以下、ひとちゃんからお送りします 2019/11/07(木) 20:33:28.73 ID:G0k1Y1+R
こんにゃく石だな

 

引用元: ・【テクノロジー】「ゴム」のように柔軟な新コンクリートが開発される 耐久力は9倍![11/04]

 

(´・ω・`)
(__つ / ̄ ̄ ̄/
 \/      /
   ̄ ̄ ̄

(´・ω・`)
( つ ミ  バタンッ
\ ̄ ̄ ̄\ミ
  ̄ ̄ ̄ ̄

(´・ω・`)  < 新素材系の話はおもしろい
(    ) 
\ ̄ ̄ ̄\ 
  ̄ ̄ ̄ ̄

コメントしてね!